HMBサプリ 徹底比較ナビ
【2021年05月最新版】

「BCAA・タンパク質・アミノ酸・HMBどれも筋肉に良いのはわかるけど、ちょっとよくわからない…」という方の為に、徹底解説します。

まずはタンパク質分解の流れを理解しよう

「筋肉はタンパク質で出来ている」ということは皆さん知っているかと思いますが、食べたタンパク質がどのように分解されるか知っていますか?
口から入ったタンパク質が体内で利用できる状態になるまで(アミノ酸になるまで)を以下の図にまとめました。

アミノ酸はタンパク質が体内で分解された姿なのです。

肝臓に蓄積されたアミノ酸が血液に乗って、体全体に運ばれ、破損した筋肉の修復をおこなうわけですね。 以下、ポイントを理解しておきましょう。

  • アミノ酸はタンパク質を分解したもの
  • タンパク質がアミノ酸に変化して初めて体内で利用される
アミノ酸にはたくさんの種類がありますが、体内での生成フローは同じです。
タンパク質が分解され、体内で利用できる形に変化したものをアミノ酸と呼ぶんですね。

アミノ酸ってどんな種類があるの?

アミノ酸は自然界に500種以上存在します。
その中で体を作るアミノ酸は20種です。
その20種の中でも、体内で生成できないアミノ酸が9種あり、それを必須アミノ酸と呼びます。
その9種の中でも筋肉に作用するアミノ酸が3種ありそれをBACCと呼びます。

ちょっとわかりにくいので図解します。
<<人体構成アミノ酸20種>>
つまり、筋肉に良いと言われるBCAAは必須アミノ酸の中の3種(図黄色部分)を指すということになります。

人体では生成できないアミノ酸ですので、食品・サプリメントで摂取し、トレーニング効果を高めましょう。

BCAAとアミノ酸の関係は分かったけど、HMBって何?

BCAAが必須アミノ酸の中の筋肉に良いアミノ酸ということがわかったら、次はHMBについて理解しましょう。
口から入ったタンパク質が胃・十二指腸で分解され、肝臓に蓄えられますが、その後、血液に乗って全身に巡ります。
全身に巡ったアミノ酸はアミノ酸の種類に応じで体に良い効果を与えていくわけですね。

しかし、BCAAはまださらに分解されます。BCAAの中のロイシンという必須アミノ酸が代謝されたものが「HMB」なのです。
効果としては、筋力アップが期待できます。

ただ、ロイシン(HMBの元)は食事で摂取しなければいけませんが、1日推奨のHMB量3gを摂取する為には、以下の食事が必要になり、非常に難しいのが実情です。
  • ・牛肉2kg
  • ・牛レバー1.8kg
  • ・まぐろ(刺身)200切れ
  • ・たまご100個
  • ・プロテイン40杯
効率よくHMBサプリで摂取した方が良いですね。

以上、BCAA・タンパク質・アミノ酸・HMBの解説でした。

HMBサプリランキング

  4 5
商品名 第1位HMB極ボディ 第2位鍛神 第3位HMBマッスルプレス 第4位バルクアップHMBプロ 第5位ビルドメイク24
公式サイト
総合評価
アスタジン配合
1日当りHMB
2100mg

2000mg

2400mg

2000mg

1750mg
品質
モンドセレクション金賞
アミノ酸
9種類全て




初回
価格

500円

500円

5346円

500円

4980円
公式サイト